夜間の車を運転するあるある

夜の運転の事故率は、昔から多いのはやはり視界が一気に昼間より悪くなることが挙げられます。 また、飲み会だとかこれからのシーズンは忘年会なども多くなり駅前の死角になった位置から歩行者が酔っぱらいつつ歩いていることが多いと思います。だからこそ、夜の駅前の運転には、酔っぱらいとかいるかもしれない。なので速度をかなり落とそう。 そういう心がけが必要です。もし夜間のタスキをしていたとしても、案外そばに行かないとわからないそうなんで、歩行者の方も車が出てくるかもしれない、タスキがあるけど油断できないと思う必要がありますね。


ブレーキをかけるタイミングとかもありますが速度が出ている車はブレーキが間に合わないのがほとんどです。 急ブレーキでなんとかハンドルを切って歩行者は無事だったという話も聞きますがその場合は、歩行者の安全は確かに守れてますね。 でも自分の車は、どこかにぶつかり例えば窓ガラスなんかヒビが入ってしまってるかもしれません。 こういう最悪を避ける運転を心がけたいです。


Page Top